後悔するキッチンの間取り7選 5&6&7

—— 5 キッチンは最も暑くて寒い ——

こんにちは、住まいの専門家かみだにです。

「後悔するキッチンの間取り7選 5」は、キッチンは最も暑くて寒いです。
キッチンは、リビングやダイニングに比べ、空調環境が不利になることが多いです。

理由はリビング・ダイニング・キッチンの順に配置することが多く、さらにリビングにエアコンを設置することが多いため、キッチンへの空調が弱くなるからです。

さらに、コンロなど熱源がある為、夏場は高温になりますし、冬は水を使うため、温度が低くなることもあります。

加えて換気扇を使用することにより、気流の変化にもさらされることになります。

そんな過酷な環境のキッチンですが、一日の使用時間はダイニングよりも長くなります。

じゃあどうしろっていうんだ?キッチン用にエコアンを増やせっていうのか?結論、そうです。

増やしてください。でも、部屋の形状でできない場合もあると思いますので、最低でも、サーキュレーター、そして、こんな時こその床暖房を設置してください。たった1.5畳の床暖房で、冬場は一気に快適です。

ちなみに床暖房の注意点ですが、最近のキッチンの足元は凹んでいるので、ギリギリまで床暖房を近づけて設置してください。

ほとんどの方が、お腹がキッチンにあたるくらいギリギリまで、キッチンに寄って立っていると思います。

—— 6 対面カウンターは届かない ——
「後悔するキッチンの間取り7選 6」は、対面カウンターは届かないです。

対面キッチンを計画する際に、対面側に食事用のカウンターを採用するご家庭も多いと思います。

そして、そのカウンターのメリットは、キッチンから直接配膳をすることで、時短で便利!って思いますよね。

ただ、残念!それはできません。図面上で見ると、一見余裕でできそうに思いますが、実際にキッチンに立つと、全く手が届かないことに気づくと思います。

キッチンの奥行き65㎝をあなどってはいけません。

そうなると結局、回り込んで配膳することになってしまいます。

ですので、どうしても配膳したい場合は、2段形状になりますが、食事用のカウンターの上部に、配膳用のカウンターを設置すれば配膳ができるようになります。

お皿が落ちない程度に、多少広くしてくださいね。

—— 7パントリーよりゴミ置き場 ——
「後悔するキッチンの間取り7選 7」は、パントリーよりゴミ置き場 です。

最近では、キッチンといえばパントリーという要望が増えてきました、当然必要な要素ではあるのですが、そのおかげで、ゴミ置き場が端においやられて、きちんと計画できていない場合があります。

特に2階リビングや勝手口が無い間取りなど、ゴミ置き場の計画が以前よりも重要になる間取り形状は増えているので、むしろ以前より、よく考えておく必要があります。

さらに、最近は気温が高く、虫が発生する期間も長くなっていますから、ゴミ出し動線も計画しておかないと、ゾッとすることになります。

関連する投稿

後悔するキッチンの間取り7選 1&2

後悔するキッチンの間取り7選 3&4

後悔するキッチンの間取り7選 5&6&7

こちらの記事の内容は、この動画で詳しく解説していますので、是非ご覧ください!

チャンネル登録お願いします!

関連記事

TOP