理想の寝室の大きさは?

こんにちは、上谷です!

今回は寝室の広さについてお話ししま
す。皆さんは寝室は広い方が良いです
か?

ベッドでも、シングル、ダブル、クイー
ンなど、大きさが様々ですね。ベッド
以外にも、テレビやドレッサーを置き
たいという方は、そのスペースも考え
なければいけませんね。

そこで、今回は、寝室の広さを考える
場合の目安について簡単にまとめます。

平均的な寝室の広さ

平均 6帖~8帖 10帖

寝室として良く採用されるのが、6帖
~8帖です。10帖になると、寝室と
しては広い空間になります。

広さの目安

・4.5帖

ダブルベッド1台またはシングルベッド
2台がぎりぎり置ける大きさ、ドアの開
閉が難しい。

シングルベッドやセミダブル1台置くだ
けなら、4.5帖の寝室でも大丈夫かも
しれませんが、かなりコンパクトです。

・6帖

ダブルベッド1台またはシングルベッド2台
で狭いながらも通路が確保できる広さ。
ベッドのほかに物を置くなら狭くなりま
す。

寝る場所として利用するなら、この広さで
も不便はないかもしれません。

タンスなどを置く場合は、引き出しを開け
るスペースはあるかなど、確認が必要です。

 

・8帖

ダブルベッド1台またはシングルベッド2台
置いてもゆとりがあります。テレビやドレ
ッサーも置くスペースがあるので、二人で
使うなら、このくらいののスペースがある
方が使いやすい寝室になるかもしれません。

セミダブルのベッドがふたつになると、狭
くなります。

・10帖

寝室としてはかなり広くなります。
ベッド以外に置くものがない場合はかなり
余裕のある空間です。

セミダブル2つなど、大きめのベッドがお
きたい場合にはこのくらいの広さがある方
が良いかもしれません。

寝室での過ごし方を想像して、大きいベッド
も必要なく、他に必要な物が浮かばないなら、
8帖で十分かもしれません。

 

狭い寝室の後悔ポイント

・湿気がこもりやすい。
寝室はやはり湿気が溜まりやすい部屋
なので、狭い場合は十分な換気ができ
るようにしましょう。

・テレビの配置
テレビを置く位置や大きさが限られま
す。寝る前にベッドでテレビが見たい
方は、ベッドの配置、テレビの配置を
考えておきましょう。

・通路が狭い
通路が狭いと、大きめのベッドや家具
が入らなくて苦労する場合があります。
また、通るたびにストレスを感じる場
合も。

 

寝室に関しては、広すぎて後悔されている
方は少ないように感じます。

しかし、寝室を広くとり過ぎて、他の部屋が
狭くなってしまった、リビングをもっと広く
したかった。といった声は多くあります。

家、部屋の形状によっても、使いやすさや家具
のポジションが決まってしまいます。
間取りを考える際は、家具の配置まで具体的に
決めておくことで失敗を事前に防ぐことができ
ます。


関連記事

TOP