間取りの失敗と回避方法3

—— 収納をセットで要望 ——

こんにちは住まいの専門家かみだにです。

間取りの失敗と回避方法3は、収納をセットで要望する、です。

部屋に限らず基本的に何かスペースを設けると、収納は必ず必要になると考えてください。

たとえば、リビングの一角に畳コーナーを設ける場合も、子供の遊び場として使う場合や、来客用の応接スペースとして使うにしても、全く収納が無いのであれば、おもちゃを片付けたり、机や座布団を収納したりする場所もありません。

こうなると、実際の生活の中で使用するには、かなり不便を感じてくると思います。

そもそも家の後悔の中で一番多いのが、収納が足りなくて片付かないというものですからね。


なぜそんなに収納で失敗するのかという原因が、要望の部屋やスペースを配置するだけで、満足してしまうからなんです。

洋室やキッチンに収納が必要なことは、誰でも想像しやすいと思います。

洋室ならクローゼット、キッチンならカップボードやパントリー、こういったものは部屋に表記が無ければ、すぐ気づきますよね。

ですが、畳コーナーやカウンタースペースやフリースペースに収納が無くても、特段何も違和感を感じない方も多いと思います。

しかし、実際には、LDKの一角に設置するようなカウンタースペースは、収納が無いと非常に使いにくいです。

なぜなら、収納がないとカウンターの上が、物の置き場所になってしまうからです。そして、畳コーナーやフリースペースも同じです。

フリースペースは言葉通り本当に何もない空間として配置したプランを見かけます。
そういった場合は、十中八九物置になって、後悔につながるわけです。


設計する方も、限られた予算の中でできるだけ多くの要望を満たすことで、プランを気に入っていただく必要がありますから、多少収納がおざなりになってしまうのも仕方ないですよね。

しかし、実際に生活するのは皆さんですから、そこはしっかりと収納をセットで要望してください。

理想の設置位置まで考えてるのは、皆さんの仕事ではありませんのでご安心ください。

ほとんどの場合、奥行30㎝程度の可動棚をつけておけば大丈夫です。大体散らかるのは小物ですからね。

こちらの記事の内容は、この動画で詳しく解説していますので、是非ご覧ください!

チャンネル登録お願いします!

関連記事

TOP