104回高校野球選手権徳島大会3年ぶりに一般の観客を受け入れ

こんにちは上谷です!

本日、徳島のニュースでこんな記事があ
りました。全国高校野球選手権徳島大会
が一般客の観客を受け入れるそうです。

開幕は7月9日、決勝を27日とする大会日程
を決め、新型コロナウイルスの感染防止策を
とったうえで、3年ぶりに一般の観客を受け入
れる方針とのことです。

例年のメイン会場は鳴門市のオロナミンC球場
ですが、今夏は全国高校総体が7月下旬に開幕す
る影響でオロナミンC球場の使用は開幕から1、
2回戦終了まで。

準々決勝以降は徳島市のむつみスタジアム(蔵本
球場)を使用するそうです。

一昨年の独自大会と昨年の103回大会は、入場を
保護者や学校関係者らに限定していたが、今大会
は収容人数の50%を上限に一般の入場を認めると
かかれています。

検温・手指消毒し、名前・連絡先・観戦位置など
を記入した「観戦記録表」を提出してもらったう
えで入場券を販売。入場料は大人600円、高校生
200円。今後、感染が拡大した場合は入場を制限
することもあります。

 

嬉しい表情の男性のイラスト(4段階)

新型コロナウイルスで中止になっていたイベント
などがドンドン再開し始めましたね。
嬉しい傾向ですね。

大会の日程などが書かれた詳しい記事を貼ってお
きます。気になるかたは是非、チェックして
見てください。

高校野球徳島大会、7月9日開幕 3年ぶりに有観客

関連記事

TOP