【家事動線】キッチンと脱衣室(洗濯)は近い方が良い?

こんにちは上谷です!!

今回はキッチンと脱衣所(洗濯機)は
近くに配置した方がいいのかといった
点についてお話しします。

最近は家事動線を考えた間取りで、
キッチンと脱衣所を近くに配置する事
で料理をしながら洗濯や掃除などを行え
るといった動線を考える方が多いです。

しかし、ここで考えないといけないのが、
料理中に洗濯機を見に行く場面があるの
かという所ですね。

洗濯機は、洗濯物を入れてから、脱水また
は、乾燥まで行えます。その合間に見る必
要はありませんね。

という事で、

結論から申し上げますと、

キッチンと脱衣所の近さは、家事動線
に影響する可能性は低いという事です。

 

家事動線を考える際に失敗しない為には
「家事ごとに分けて動線を考える」
これが大事になっていきます。

どういう事かと言いますと、
家事をする中で、「洗濯・調理・掃除
育児」など家事ごとにしっかり考える
という所が重要になります。

洗濯の場合

服を脱ぐ(脱衣所)➡洗う(洗濯機)➡
干す(外・室内)➡取り込んで畳む➡
しまう(クローゼット)

この動線をしっかりと考える事が重要に
なります。

例えば、脱衣所・洗濯機から物干しまで
の位置が遠い、または、移動しにくい場
所に配置してしまった場合。脱衣室とキッ
チンが近くにあっても、関係ありませんよ
ね。

洗濯を干すにも、時間がかかりますし、
しまうのも、時間がかかり、快適な家
事動線とは言えませんね。

キッチン(料理)の場合

では、キッチンの場合はどうでしょう。

買い物を片す(パンドリー)➡調理(
キッチン)➡運ぶ(ダイニング)➡片
づけ(キッチン)洗い物・お皿を片す

このような流れになりますね。
ココでも、脱衣所(洗濯機)の事より
もダイニングとの距離や、パンドリーや
冷蔵庫の配置が重要になってきますね。

しかし、

キッチンと脱衣所・浴室を近くに作る
事に全くメリットがない訳ではありま
せん。

例えば、小さなお子さんや、高齢の方
がお住まいの場合、浴室がキッチンか
ら近くにある事で、調理中でも、気に
かける事ができます。

※子供の場合
子供が成長した場合の事を考えて設置
しましょう。思春期の時期などは、目に
つく位置の脱衣場は気になる事もあります。

お風呂で遊ぶ子供のイラスト

こういったメリットがあります。

使いやすい間取り、使いづらい間取り
は住む方の環境によって変わってきま
す。

自分の生活を想像し、自分の生活スタ
イルに合った間取りを考える事が、後
悔しない家づくりに繋がります。

是非、参考にしてください。


YouTubeでは、家づくりの役立つ情報を
配信中です。是非、チェックしてください。





関連記事

TOP