子供部屋は必要ない!?失敗しない家づくりとは。

こんにちは上谷です。

家を建てる時に多くの方が、考えるのが
子どもの事です。子どもの為に家を建てよ
うと考える方も多いのではないでしょう
か。

しかし、そんな方に一番気を付けてほしい
のは、子供部屋についてです。子供部屋を
考えて間取りを作り、わざわざ作ったのに
結局ほとんど使わなかったという方や、使
い終わった子供部屋が物置になってしまっ
たり、使いみちがなく困っているといった
方が多いのです。

しかし、お子さんの部屋を何も作らないと
いう訳にはいきません。そこで、皆さんに
子供部屋の変わりとして設置して頂きたい
部屋があります。

それは、子供部屋にもできる部屋です。
つまり、子供部屋として決めて広さ、形状
を設計してしまうので、後々、困ります。

ですので、例えば、今は家事室として設計
使いやすい位置に設けて置いて、子供部屋
として必要な時期になれば、お子さんが使
用して、また、お子さんが必要なくなれば
再度、家事室として利用できるようにして
おくという事です。

お子さんが小学校高学年から使用して、大
学生4年で出て行ってしまうと、子供部屋
として使えるのは10年ちょっとです。

家の寿命が50年とすれば、子供部屋とし
て設計するのは、短すぎますよね。ご家庭
によっては、せっかく用意しておいたのに、
子供が個室をあまり使ってくれなかったと
いう場合もあります。

また、子供部屋として使える部屋は、ご家
庭に応じて、介護部屋としても使える部屋
や、ペット部屋としても使える部屋などで
も転用できます。

是非、参考にしてください。

 

YouTubeでは役立つ情報を配信しています
是非チェックしてください!

【かみだに工務店YouTube

関連記事

TOP