注文住宅で離婚!?夫婦喧嘩にならない為にする事

こんにちは上谷です!

今回は注文住宅を建てる際の夫婦
トラブルについてお話しします。

というのも、注文住宅では決める
事が沢山あり、大きな金額のお金
も動きます。仕事の忙しい中、何
度も打ち合わせをしたり夫婦間の
金銭感覚が合わなくなったり、
夫婦間のトラブルに発展する場面
でもあります。

せっかくの新築ですが、完成時には、
離婚の話にまで発展しているなんて
ことも珍しくありません。

そこで、今回は楽しいはずののマイ
ホームづくりが、嫌な思い出になら
ない為にも、トラブルが起こりやす
い場面、注意点を3つ紹介します。

 

・お金の価値観

お金のキャラクター(紙幣)

一番トラブルになりやすい部分です。
書斎が欲しい旦那さん、インテリアに
お金を掛けたい奥さんと、お互いに
こだわりたい部分が違うと、トラブル
になります。

どちらの要望をかなえられる予算が
あれば、良いのですが、それなりに
シビアな予算になる事が多いですよ
ね。

対策は、事前に夫婦や家族の、オプ
ションにかける予算を決めておくこ
とです。

遠足のように決められた範囲の中で、
各々好きなようにすれば、相手の領
域に干渉する必要がないので、円満
に家づくりを進めることができます。


・熱量の差

やる気に燃える人のイラスト(女性)

これは単純に、夫婦のどちらかがや
る気がない、あるいは、逆にはりき
りすぎているなどの熱量の差がある
場合です。

何を聞いても、適当な返事が返って
きて、イライラしたりすることあり
ませんか?

家に限らず多かったりしますよね。

例えば、奥さんが、この外壁どれが
いいと思う?と聞いても、ああ、ど
れでもいいよ。任せるよ。みたいな
会話ですね。

ただ、そんなふうに適当に決めたお
家に、思い入れがあるはずもなく、
完成したあとに、俺は、はじめから
この外壁は気に入ってない。

みたいな。文句がでたりします。

これではトラブルになってしまいますよね。

トラブルの原因は、先ほどのような
場合ですと、やる気のない旦那さん
が悪い、と思われるかもしれません
が、一番の原因は、進行スピードだ
と思います。

夫婦であっても、家を必要と感じる
タイミングであったり、家づくりの
心地の良い進行スピードは違います。

例えば、工務店のおススメ中心で、
ドンドン決めていきたい人もいれば、
一つずつ自分で調べながら、決めて
いきたい人もいますよね。

先ほどの旦那さんからすると、もし
かしたら、ゆっくり決めていけば
いいと思っているのに、ドンドン
せかされるようで、楽しい家づくり
になっていなかった可能性もありま
す。

かといって家の完成を楽しみにして
いる奥さんの為に、今更、家づくり
を中断するわけにもいかない、と思
っているかもしれません。

そう思うと、先ほどの旦那さんも少
しかわいそうに思えてきませんか?

こういった食い違いの回避方法です
が、それは、夫婦が本当に必要と思
うタイミングで、家づくりを始める
ことです。

当たり前のことなんですが、相手の
意見を尊重するご夫婦ほど、こうい
ったトラブルに発展する可能性は高
くなります。

なんとなく初めて行った完成見学
会から、あれよあれよといつの間に
か完成していた、なんてことになら
ないように、今すぐに建てたい、
欲しいとなる前の、落ち着いた段階
で計画をしておきましょう。

時間が取れない

時間を忘れてしまった人のイラスト(男性)

最近では共働きや、不定休の影響で
、時間が取れる方が、一人で打合せ
にいくということもあるようです。

当然、家に帰ってから、何時間も
打合せした内容を、正確に伝える
というのは至難の業です。

そのような連携不足があると、完
成後に思ったものと違うと思って
も、工務店を追及しにくいですよ
ね。

そんなトラブルを回避の為に思い
返して欲しいのは、注文住宅以外
の選択肢です。

家の選択肢は注文住宅だけではあ
りません。戸建てに住みたい、と
いう要望なら、賃貸もありますし、
建売もありますし、中古住宅もあ
ります。

注文住宅ほど、時間をかけずに、
家を取得する方法はありますので
、一度立ち戻って、考えると良い
かもしれません。

時間が無い中で、妥協しながら決
めるよりは、建売物件などを購入
して、生活をはじめてから、時間
ができたタイミングで、リフォー
ムをしていくのも良いと思います。

その方がずっとリーズナブルですしね。

今回は、家づくりで起こりやすい
夫婦のトラブルについてお話ししま
した。

大きな買い物なので、計画を進め
る前に事前にしっかり話し合うと
いう事がトラブルを避ける一番の
ポイントになります。

是非、参考にしてください。



関連記事

TOP